セラピストとして開業したいあなた。開業前に出すべき「開業届」を出していますか?

LINEで送る
Pocket

セラピストとして今後開業される方、すでに開業されている方。そんなあなたにセラピストとして開業する前に出しておきたい「開業届」の提出について今回は書いてみました。

そもそも「開業届」って何?

一般的には開業届といわれておりますが、開業届は正確には「個人事業の開業・廃業等届出書」という書類のことをいいます。法律では1カ月以内に提出する義務があると言われておりますが、

実際は別に開業後1カ月以内に提出をしなくても怒られることはなく、また、これといったペナルティーがあるといったこともありません

なのでセラピストとして開業してまだ「開業届」を提出していない方は今からでも遅くないのでぜひ出しておきましょう!

 

「開業届」の提出は難しくない?

「開業届」の提出というとなにかややこしいことを書いたり、手続きをする必要があるようなイメージをもたれている方も多いかもしれません。
結論から言うとそんなことは全然ありません。

「開業届」のフォーマットについては国税庁のホームページにもありますし、最寄りの税務署にもありますのですぐ手に入ります。

記載事項についても書かなればいけない項目としては、納税地・職業・屋号・開業日等といったもので、特に難しい内容はありません。

またその職業・屋号・開業日については基本的には自由ですのであまり構えないでください

まだセラピストとして一人前じゃないのにセラピストとして名乗っていいのかな?と思われる方もいるかもしれませんが、開業届の職業は今後行う予定の職業でも大丈夫ですので安心してください!

「開業届」を提出するメリットとは?

一般的に「開業届」のメリットと言われているのが、税金面での優遇措置です。

「開業届」を提出し「青色申告承認申請書」を提出することによって、青色申告で確定申告をすることができます。

青色申告で確定申告をすると色々なメリットがありますが、その中でも一番よく言われるのが65万円の控除が受けられることです。

青色申告で確定申告を行うためには、「青色申告承認申請書」を提出する必要がありますが、

こちらについては「開業届」を提出していないとその申請もできないので結果として65万円の控除を受けるために必要となります。

青色申告については、セラピストだけに関わらず個人事業主にとって強い味方になると思いますので、後日また記事を書きたいと思います。

一般的には「開業届」と「青色申告承認申請書」は一緒に出す方が多いそうですので、

セラピストとしてこれから「開業届」を提出する方は「青色申告承認申請書」も一緒に出してみてはどうでしょうか?

 

まとめ

「開業届」については出さなかったからと言ってペナルティーを受けるわけではないですが、気持ちを新たにする意味でも、また、青色申告をするためにも必要なものですので、

セラピストとして開業される場合には出しておいて損はないと思います。

セラピストとして開業する区切りにもなると思いますので、めんどくさがらずぜひ出してみましょう!

「開業届」を提出し晴れてセラピストとなったら次はsharepistに登録し、セラピーを提供してみてはどうでしょうか?

一人でも多くの現代人に理想のセラピーを。

LINEで送る
Pocket

About 村瀬健吾 7 Articles
みなさま初めまして。ムラセと申します。普段は経理を担当しておりますが、なんでも自分たちでやらねばならないので記事も週1程度更新しております。手続き、税務、資金繰りなどのキーワードでセラピストの皆様に有益な情報をお届けしていきたいと考えております。コメントも喜びますのでぜひ!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*