セラピスト必読 サロンの開業には圧倒的なコンセプトが欠かせない!

LINEで送る
Pocket

サロンをすでに開業されている方も、これから開業をご検討されている方にもぜひ一度読んでほしい「圧倒的なコンセプト」を準備する必要性について書きました。

さて、そもそもコンセプトとは、いったい何でしょう。基本的には次のような説明ができます。

コンセプト
1.概念。
2.企画・広告などで、全体を貫く基本的な観点・考え方。

つまり、コンセプトを決めておくことで、お店作りや雰囲気作り、ロゴやチラシの構成に至るまで、すべてを一貫したものに作り上げることができます。そういった意味でコンセプトを考えておくことはサロンを経営していく上で非常に役立つツールになると言えます。

スターバックスのフラペチーノに学ぶコンセプト

スターバックスの人気商品フラペチーノは読者の皆様にとってもおなじみの商品でしょう。では、その人気を支えているのは一体なんなのでしょうか。それは圧倒的なコンセプトを持ち、一貫した取り組みを続けてきたからに他なりません。

居心地の良い空間・サードプレイスの提供

1996年に日本に上陸したスターバックスですが、当時の日本で主流だったコーヒーチェーン店は、一杯150円前後の格安路線で、サラリーマンが一服する場としての位置づけでした。

しかし、スターバックスはコーヒー1杯300円近くと倍の価格に加え、店内禁煙という元来のコーヒーチェーン店の文化とは真逆のものであり、日本にはあまりマッチしないのでは?と思われていました。

それにも関わらず、それまでには考えられなかった洗練された内装や、ゆったりくつろげるソファなどを設置することにより、順調にファンを獲得し、店舗数を拡大させていきました。

さらにスターバックスは、顧客からの「なぜアメリカの店舗にはWi-Fiがあるのに、日本にはないのか。」という声に耳を傾け、電源やWi-Fiなど各環境を整え、よりよい店舗改善に努めました。

今では、店内でコーヒーを飲みながら、ノートPCで仕事をしている顧客をよく見かけます。待ち合わせやミーティングの場にも使われるなど、幅広い面で利用したくなる、顧客の声を取り入れた“居心地の良い空間”こそが、スターバックスの大きな強みなのです。

まとめると、スターバックスは居心地の良い空間・サードプレイスの提供という簡単には創造できない圧倒的なコンセプトの実現に腐心してきたことによって多くのファンを獲得してきたと言えるのではないでしょうか。

発売当初のフラペチーノは売れなかった!?

Originatorfrap
出典:Starbucks Newsroom
スターバックスは1998年にフラペチーノを本格的に販売していく為に、テレビCMを流しました。しかし、その結果フラペチーノは全く売れなかったそうです。これにはCEOのハワード・シュルツでさえ頭を抱えたと言います。というのも、フラペチーノの試作品は1993年にすでに完成しており、カリフォルニアでの試験販売は大成功。飛ぶように売れたことからも、なぜ業績が伸びないのか、お客様がフラペチーノを購入しようとしないのか戸惑ったと言います。

店舗体験にフラペチーノの試飲を盛り込んだ

そこでスターバックスはテレビCMをやめ、店舗でフラペチーノを試飲してもらうテイスティングを開始することにしました。それが成功し、フラペチーノは瞬く間に業績を伸ばし、売上の重要な柱となっていくことになります。なぜ、試飲することでお客様はフラペチーノを買うことになったのか。もちろんテレビCMのように味や風味が伝わらない方法では顧客に商品の魅力を十分に伝えることができなかったことも要因の一つです。しかし、それ以上に「居心地のよい空間・サードプレイスで新商品が試し飲みできる」といったコンセプトと一貫した方法が顧客を惹きつけた、と考えられます。今では日本のスターバックスでも主流の宣伝方法になっていますよね。読者の皆様も一度ぐらいスターバックスで新商品の試飲を勧められたことがあるのではないでしょうか。

一貫した方法を貫くことでファンを作っていく

スターバックスの例のように、新商品を広めていく時にも自分たちの築いていきたい圧倒的なコンセプトに照らし合わせ一貫した方法を実践していくことでファンを獲得していくこと。それがコンセプトを準備しておく大きな理由の一つと言えます。

まとめ

  • コンセプトを準備しておくことは将来にわたって顧客を獲得していくための一貫した考え方、概念
  • リラクゼーションサロンの特徴、独自性を育てていく為に欠かせない方針
  • 他者と差別化し、顧客にアピールするポイントを明確にするためのツール、観点

いかがでしたでしょうか。最も成功しているコーヒーチェーンの人気商品をサンプルにコンセプトを準備する必要性についてご紹介しました。読者の皆様のリラクゼーションサロンのコンセプト作りに少しでもお役に立てれば幸いです。次回はどのようにコンセプトを構築していけばいいのか、その方法について書きたいと思います。

LINEで送る
Pocket

Takeru Yamamoto
About Takeru Yamamoto 27 Articles
初めまして。SharePistの山本です。SharePistを「一人でも多くの現代人に理想のセラピー」を発見するツールとして使っていただくために日夜邁進しております。タイへの旅行をきっかけに、日本の現代人はもっと多くのマッサージやセラピーを受けるべきだ!と思ったところから当サイトはスタートいたしました。普段はセラピストの方のサポートや、記事の投稿を担当しております。今後、さらに多くの現代人が理想のセラピーを探せるお手伝いができるよう努力いたします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*