東洋系セラピストに朗報!西洋医学に勝る代替医療として最注目の兆し

LINEで送る
Pocket

東洋系のセラピーとは、漢方や鍼灸だとの東洋医学をはじめとして、アロマテラピー、インド医学のアーユルヴェーダ、カイロプラティック、温泉療法などのことを指します。これらは西洋医学、つまり現代医学の属さない代替医療として近年最注目されていると言われています。今回はその理由をご紹介したいと思います。

治療効果をあげられない現代医療

代替医療が最注目されています。日本補完代替医療学会では、代替医学、医療に関して「現代西洋医学領域において、科学的未検証および臨床未応用の医学、医療体系の総称」と定義しています。ちょっとむずかしいですね。つまり、代替医療とは西洋医学の領域に属さない療法のことを総称したものと言えます。
代替医療の範囲は広く、世界の伝統医学や民間療法はもちろん、保険適用外の新治療法も含まれます。具体的には、漢方や鍼灸などの東洋医学やアロマテラピー、健康食品などのサプリメント類、さらにはインド医学のアーユルヴェーダ、カイロプラティック、温泉療法などが挙げられるそうです。ハーブ製剤や健康茶、マッサージ療法、磁気療法なども代替医療に含まれます。

なぜ、こうした代替医療が見直されているのか。その理由の一つに現代医療が身体的に、また経済的に大きな負担が大きいということが挙げられます。身体的に、とは薬物や化学、物理療法が人間の身体に大きな負担を強いるものが非常に多いということです。経済的に、とはコストの面で現代医学は治験を繰り返したりしてきたことで多大な投資をしてきたものがほとんどなため、コスト回収のためその値段が高くなるということが考えられます。さらにがんや心臓業、糖尿病など、治療効果を上げらえない病気も未だに多く存在しています。また、現代医学は免疫力や自然治癒能力を重視しないという事情や、医療が予防に重点が置かれるようになったことも見逃せない理由と言われています。

キーワードは免疫力の向上

代替医療の中でも、特に関心を集めいているのが「免疫力の向上」と言われているそうです。がんなど治療が困難な病気も、人間が本来もつ免疫力を高めることで治るとする「自律神経免疫療法」はその代表です。
アメリカの富裕層の多くが、これらの代替医療に傾倒していると紹介している記事もあります。

富裕層がそうした選択に至るのは、もちろん対処療法の西洋医学の限界を感じていること(例えば様々ながん治療法や治療薬が毎年発表されても、年々がん患者や死亡者数は右肩上がりの状況である事実など)もありますが、統合医療の第一人者であるアンドリュー・ワイル医学博士の存在は外せません。アンドリュー・ワイル博士日本ではイマイチな認知度かもしれませんが、アメリカでは有名な人です。彼はもともとハーバード大の医学部の学生でしたが、現代医療は単なる対処療法では本当に人の体は治せないことを悟り、人間の体が奥底に持つ驚くほどの回復力(自然治癒力、細胞の再生力)があることを理解し、本質的な治癒法を追求します。
そして、心と体を含め総合的に病気の原因をみた「統合医療」を目指さないことには人は完全に治癒しないことを結論づけたのです。西洋医学の対処療法では本質的解決にならないことを世に示した訳ですね。
彼の考え方は、西洋医学によるマインドコントロールから抜けることが大事であることを暗に訴えています。
つまり、病気になったら病院にいけば医者が治してくれる、薬をくれる、という思考パターンをやめ、体に異常がでた理由を自分の責任として考え、原因を探り、人間が持っている自然治癒力を最大限活かすことをまず考えようと言っています。
また、人間の肉体は精神=心と共に存在しているので、病気を体の部位という視点で治療する西洋医療の考え方ではなく、食事、運動、睡眠、住環境、人間関係など生活の全てを総合的に捉えて対処することも重要であると訴えています。
それを踏まえて代替療法として鍼灸、漢方、ハーブ療法やアロマ療法、ホメオパシー療法などを用いて自然治癒力を最大化していくのです。
引用:http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/437281682.html

自律神経を刺激し自然治癒力を強化

日本ではこれまで、代替医療は冷遇されてきたそうです。それは療法や食品の効果、安全性が化学的に実証されていないものが多かったからです。とはいえ、前述のアンドリュー博士などの例のようにアメリカでは医科大学における代替医療の講座設置が議会の決定で推進され、アリゾナ大学をはじめ、ハーバード、コロンビア、スタンフォード、エール、テキサス大学など125の医学部のうち75の医学部で代替医療の教育が行われているそうです。こうした医療先進国の動きが日本にも影響を与えたと言えるかもしれません。

自律神経のバランスを整えられる東洋セラピー

代替医療の中で、特に関心が集まる「免疫力の向上」ですが、その理由は、がんなどの治療が困難な病気も、人間が本来持つ免疫力を高めることで治すとする自律神経免疫医療が注目されているためです。これは自律神経のバランスを整えることで、免疫ははじめとする自然治癒力を強化する治療法です。自律神経のバランスを整えるには鍼灸、音楽療法などが効果的と言われていたり、爪の生え際などを刺激する爪もみ療法のようなものも注目されているそうです。タイ古式や、アーユルヴェーダ、温泉に入るなどはリラクゼーションの一環としても分かる通り、自律神経のバランスを整えるのには効果的と言えるでしょう。

東洋系セラピストのみなさま、また現代医学に属さない代替医療の現場に従事されるみなさまいかがでしたでしょうか。日本でも医療費の増加などが叫ばれている今日ですが、今一度代替医療である東洋医学などを見直し、一人でも多くの現代人が理想のセラピーを発見できるよう呼びかけていくことが求められていると感じます。

LINEで送る
Pocket

Takeru Yamamoto
About Takeru Yamamoto 27 Articles
初めまして。SharePistの山本です。SharePistを「一人でも多くの現代人に理想のセラピー」を発見するツールとして使っていただくために日夜邁進しております。タイへの旅行をきっかけに、日本の現代人はもっと多くのマッサージやセラピーを受けるべきだ!と思ったところから当サイトはスタートいたしました。普段はセラピストの方のサポートや、記事の投稿を担当しております。今後、さらに多くの現代人が理想のセラピーを探せるお手伝いができるよう努力いたします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*