ブログに挫折しても、自撮りが苦手でも、覚えておきたい販促10種使い分け

LINEで送る
Pocket

sales-promotionn-table

セラピストの教科書は、1人でも多くの現代人に理想のセラピーを届けるために、セラピストの皆様により多くの有効なアイデアや情報を提供したいと考えています。なので、今回はセラピストとしての本業と並行して進めなければならない販売促進の方法をまとめました。セラピーの業界に限らず、飲食店や行政なども行っている販売促進に大きな違いはありません。しかし、個人で働いているセラピストの方々は、経験のない販売促進の方法を実践しづらいというお声を頂いています。なので、少しでも販促のアイデアを実行しやすいようにご紹介します。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

手間いらず満足度重視

口コミ

sales-promotion1
セラピストとして活動し始めるときに必ずと言っていいほど「口コミ」を大事にしましょう、
ということを誰かしらからアドバイスされることでしょう。

しかし、はっきり言うと「口コミになる」というのは大変難しいです。
その理由は、「口コミ」は目に見えない販売促進だからです。
さらに言うと、いい口コミは発生するまでに時間がかかり、悪い口コミは一瞬で広まります。
どんなに腕が良くても接客スキルが欠けていれば悪いサービスになりかねません。

読者の方もご経験があるかもしれませんが、役所へ行って事務処理をしてもらっても態度が悪いとその経験をすぐに誰かに伝えたくなりませんか?
それと同じであなたの腕がよくても笑顔がない、愛想がないなどの理由でお客様は満足しないのが実情です。
なので口コミを販売促進として期待することはできません。

ですが、一旦いい口コミが発生しだすと、お客様がお客様を読んできてくれる、という好循環が生まれるのも事実です。
これを作り出すには「顧客満足度」とい視点を取り入れることをお勧めします。
まだご覧になられていない方はこちらからどうぞ。

リラクゼーションサロンの勝ち組は顧客満足度を高める努力を怠らない。

友達割り

sales-promotion2
個人で活動を開始したての頃「友達割り」や「友達は無料で」、「友達の紹介割り」というものを実施する方も多くいます。

これは、個人サロンの存在やセラピストとして働いていることを身内に知ってもらったりするのには大変効果があります。
親切な身内の方の多くはとても協力的である場合が多いです。
なので、なかなか会わない親戚を招いて施術をしたりすることで、後々セラピーを必要としている方をご紹介してくれる、ということがあります。
友達が多い人にはオススメな方法です。

↓こちらでは、ともだち割りの具体的なメリットや方法について書いています↓

ともだち割りをオススメする理由 for セラピスト

あとでご紹介しますが、友達割りを多く実施しているとInstagramなどのようなSNSでいいね!やシェアをしてくれやすくなる傾向があるそうです。
一概には言えませんが、やっぱり友達の活躍を応援してくれている仲間に囲まれている人は、同じように親しみを持ってくださるお客様を獲得していく傾向にあると思います。

まずは売上よりも長くセラピストとして働けるように応援してくれる人を1人でも多く作ることはとても重要と言えます。
また、個人で活動したての頃は、安定したお客様がいないために施術する相手がいないことがあります。
そんなとき、施術をする友達がいることで、施術する経験を一回でも多くすることができます。
国際タイマッサージ協会の大槻会長いわく「マッサージは何より経験値」です。
なので、どんなによい雰囲気を作っても、笑顔が素敵でもセラピーの本質は人の状態をより良い状態へ導くことですから、それができないとセラピストとして活躍することは難しくなります。

そういった理由からも友達割りは有効な販売促進であると同時に、自分の技術を錆びつかせないための方法でもあります。まさに一石二鳥の販促です。

手間暇かけてセルフブランディング

Instagram系SNS

sales-promotion3
FacebookやTwitterに代表されるSNSは販促方法として一時期大変もてはやされました。
2015年に最も伸びたSNSはInstagramです。ユーザー数は1年間で1.5倍に急増したと言われています。
出典:App Ape Laboratory

SNSを取り入れたいなー、使っているけどうまく言ってないんだよなーという方はこちらの記事もチェック

SNSをセラピーの宣伝に活用したい方必読。その成り立ちを再確認

また、販促としてのSNSは単に商品やサービスを知ってもらうきっかけだけではありません。
一度サービスを受けてくださった方とつながることで、定期的に商品やサービスを認知してもらうコミュニケーションとして有効です。

美容鍼灸 cosmetic acupancture #美容鍼灸 #ヒロ鍼灸整骨院 #cosmeticacupancture #恵比寿 #acupancture

HIRO KAMIISHI 美容鍼灸師さん(@hiroin)が投稿した動画 –


例えば、東京恵比寿の「ヒロ鍼灸接骨院」は院長自らInstagramでお客様とのお写真や施術風景の動画をアップしています。
いいね!の数は多い時では100を超えることもあります。

いいね!が100を超えると、その投稿を目にする人は実に1万人を超えることもあります。
1万通のダイレクトメールをハガキで出そうと思うと5万円以上かかります。
それも必ずしも目に触れられる前に捨てられることも考えると、実際に5万円で1万人の目に触れるかは定かではありません。
一方、Instagramは無料で1万人の目に触れることができます。
見てくれた人がお客様としてご来店されなくてもじわじわと認知されていきます。
興味のある人ならホームページをクリックする可能性もあります。

なのでSNSなどの販促はお客様との定期的なコミュニケーションを作り出し、将来の顧客を育てる可能性を秘めていると言えます。

ブログ

sales-promotion4
アメーバブログやFC2、ライブドアなどが提供しているブログサービスは現在も大変多くの読者を抱えています。

その中でもアメーバブログは継続的に成長してきたと言えます。
サービス開始直後はシステムが急に落ちたりして、せっかく頑張って書いた記事のデータが全てなくなってしまうということが頻発していました。
そのため、ライブドアなどに大きな遅れをとったと言われています。
しかし、芸能人などの有名人がブログを作ったこともあり、記事を書くユーザー以上に記事を読む読者ユーザーを集めることに成功しました。

ご存知の通り、ブログサービスを提供している各社は広告収入にて運営されています。
ですので、読者ユーザーを獲得している会社は売上を伸ばすことができるのです。
そういったことからも芸能人や有名ブロガーが多く登録しているアメーバブログは読者ユーザーとしても面白いと感じる記事が多いと言えます。

ブログサービスはmixiやFacebook、Twitter、Instagramが登場する以前のSNSと言えます。
なので個人で活動しているセラピストの多くがブログをやっていますし、販促としてのブログはSNS同様に顧客との定期的なコミュニケーションをする場でした。
事実、いいね!やコメントを残せる機能によってお互いのコミュニケーションが活発に行われています。
それをきっかけに読者ユーザーは再度セラピストの施術を受けに行ったりするのです。

ブログで集客に成功しているセラピストは顧客とのコミュニケーションを大事にしています。
顧客との交流を記事にしたりします継続して投稿することは難しいです。

しかし、それでも記事の投稿を続けているセラピストは顧客から信頼も厚く、たとえ無料のブログサービスでも確実に顧客の心に届く記事をアップしています。
更新頻度を頻繁に保たないと、顧客に忘れ去られてしまうリスクもありますが、継続は力なり。長く続けることでじわじわ効いてくる販促と言えます。

コンテンツサイト

sales-promotion5
JimdoやWixといった海外のホームページビルダーが2012年ごろから日本にも入ってきました。
これは、今までコンピュータ言語を使用できる人しか作ることができなかったホームページを、コンピュータ言語がわからない人でも簡単な図を動かしたり写真をアップロードしたりするだけでできるようにした点で人気を博しました。
特にオリジナルのURLを取得して無料でホームページを公開できることで、個人でもホームページを作ることができるようになりました。

ホームページ制作会社に頼めば、安くても30万円はかかりました。
それが無料で公開できるようになったことで、個人で活動するセラピストの数は増えました。良い点は変更点を自ら更新できることです。
メニューの金額を上げる、といったことも制作会社に頼んでいると、連絡のやり取りが必要です。
しかし自分で公開したサイトであれば変更もその場で出来ます。
また、セラピーの内容やメリットなどを表現することも自らの創意工夫で作り出すことができます。

一般にこういったコンテンツを表現するにはデザイナーの力を借りねばホームページに作り出すことはできませんでした。
しかし、コンピュータに抵抗がなければ大抵の表現が可能になりました。

そのおかげでインターネット上に今まで以上に顧客の欲している情報としてのコンテンツが増えました。

ただ、デメリットはコンテンツサイトを公開しただけではGoogleやYahoo!などの検索結果の上位に表示されない、ということです。
つまり、残念ながら無料で公開できるコンテンツサイトはほとんどの場合見つけられることがありません。

仮に新宿でアロマのセラピーを提供しているセラピストがコンテンツサイトを公開しても検索の1ページ目に表示されません。
その理由はSEO対策をしていないからです。

SEO対策とはこれまで説明してきたように検索結果の上位に表示されるようにすることです。
なので大してオリジナリティのないコンテンツサイトが検索結果の上位に表示されることはありません。
世界中どこにもないようなオリジナリティがあれば別ですが、どこにもないオリジナリティを作り出すことはとても難しいことです。

一方でその地域ではあなただけが提供しているセラピーやあなただけしか提供していない施術メニューなどがある場合にとても有効な販促になります。
お客様はできるだけ自分の住んでいる土地にニーズを満たしてくれるセラピストを見つけたいと望んでいるはずですから挑戦してみる価値はあります。

プレスリリース

sales-promotion6
一流と呼ばれる会社はしばしば新しい商品を発表するときに「プレスリリース」を行います。

プレスリリースとは、新聞社や雑誌社、テレビ局などに「新しい商品の情報」を伝えることで、彼らの新聞や雑誌、ニュースなどに取り上げてもらうように情報を発信しています。
新聞のニュースはそういったプレスリリースをもとに書かれた記事が多く存在します。
記者が一から全て調べているわけではなく、ニュースの出どころが会社の広報と呼ばれるところであるケースは多いです。

これはあくまでメディア側が取り上げた記事ですから、会社は広告費をかけずに一般の方に新しい商品を知ってもらうきっかけを作ることができたりします。
そして、プレスリリースは一部の大きな会社だけでなく個人のセラピストでも行うことができます。むしろ、ぜひやってもらいたい販促方法です。

別に全国のニュースになるようなことはなくてもいいんです。

「秋冬になったら美味しい焼き芋の季節」というような感じでテレビ局は美味しい焼き芋の特集を組んだりします。
テレビ局は事前に焼き芋のスイーツや新商品のプレスリリースを企業からもらっていて、それを組み合わせて番組を作ったりしています。
なので、地元のテレビ局やラジオ、地域誌が季節を感じるセラピー新メニューを番組の中で取り上げてくれる可能性は大いにあります。

また、開業するという内容をプレスリリースで地元特集系の雑誌やウェブサイトに送ると結構な確率で記事にしてくれます。

その理由は地域のメディアほどネタに困っているからです。
小さい町では取り立てたニュースがまったくない、ということは珍しくありません。
ですから、新しいセラピーメニューを始めました!というような内容は案外取り上げてくれる、というのが地域のメディアの実情ですから、むしろネタを提供してあげましょう!

ちなみに販促としての効果は期待を下回ることもあれば、大幅に有名になりすぎて対応が追いつかない、などのように一長一短なところがあります。それでもやってみる価値は大いにあります。

外部の集客力きちんと活用

チラシ

sales-promotion7
インターネット主流と言われる昨今でも有効な販促といえば「チラシ」です。

新聞を取っている家庭への折り込みチラシであれば、予め配達範囲を決められます。
配達範囲をコントロールすることができるということは、有効な地域を狙って集客を狙える、ということです。
そのためにはチラシを配る度にその地域でどれだけの効果があったのかをきちんと確かめられるよう計画を立てておきましょう。

もっとも一般的な方法はチラシを持ってきた方に何らかの特典をお渡しするものです。
例えば、「チラシをお持ちの方30%OFF」というようにメリットをつけます。
するとお客様はチラシを持ってきてくださるので、そのチラシがどれだけ効果があったのかを集計して、効果がきちんと出たかを確かめることができます。

面倒かもしれませんが、このような観察を見過ごせば、全く興味を示さない家庭に一枚何十円もするチラシを配ることになります。
できればそういった失敗は1回きりにしたいものです。

最近では、郵便局の営業マンが一生懸命各家庭の家族構成などを観察しており、集客効果の高い地域へのチラシやDM配達を提案しています。
もともと国が運営していた郵便局ですが、民営化したことで利益を出さなければならなくなったことでハガキをチラシやDMとして使ってもらえるように営業しています。

こういった外部の情報も取り入れながらチラシを販促として活用することをお勧めします。

また、チラシを自ら各家庭にポスティングするのもおすすめです。
何も何万枚も配らなくても1日100件ほど朝の散歩がてらポスティングすれば配達料はかかりません。

チラシを作るには制作費や印刷代がかかります。
しかし、コンテンツサイトのように自作できるサービスや指定のフォーマットであれば格安で印刷できるサービスもたくさんあります。
ぜひ活用しましょう。

フリーペーパー

sales-promotion8
地域に特化した情報を掲載している無料の雑誌がフリーパーパーです。タウン誌とも呼ばれています。

こういった冊子は近頃本当に良くできていて、中を覗くとなかなか読み応えがあります。
というのも自分の住んでいる地域の情報ですから、みなさん自分と関係のある事柄を見つけて読んでしまいます。

また、こういったフリーペーパーを企画しているのが、雑誌社であることもよくあります。
なので、フリーのライターが記事を載せていることもしばしばで、読んでいて面白い連載なども結構あります。

フリーペーパーを使った販促はチラシ同様、地域の方に向けて発信されます。

デメリットと言えば、フリーペーパーの発行部数分の広告費を請求されるのでチラシほど自由が効かない、といったところでしょう。

一方でチラシ以上に効果を期待できる販促でもあります。
その理由は先ほどもお伝えした、面白い記事や読み応えのある内容です。
ある特集を毎回楽しみにしている読者もいたりします。つまり、一定の読者を抱えていると言えます。

だから、その中に広告を載せることでフリーペーパーを毎回読んでいるお客様の目に触れる機会を作ることができます。

ですから、フリーペーパーの販促にも一定の効果が期待できます。

業者にたのんできちんと集客

ホームページ

sales-promotion9
インターネットを使った販促としてもっとも一般的となったホームページです。

しかし未だに製作費用は安くても30万円以上かかるのが相場です。
デザイン性やこだわりを入れようとすると50万円から100万円ほどの制作費がかかります。

その理由は単純で、製作するプログラマーの人件費がほとんどだからです。
というのもどんなに単純な内容のホームページでも1ページに約3日から5日はかかると言われています。
プログラマーは専門職の一つですから、時給に換算すると1300円以上が相場と言われています。
彼らを2週間まるまる雇うようなものですから、30万円になる、と言うことです。

それでも5)でご紹介したようなコンテンツサイトのようにプログラミングの知識がない人でも簡単に作れるサービスが出る前よりも値段は下がりました。

メリットは顧客からの信頼を得られる点です。
むしろホームページがないと顧客が欲しいと思う情報に出会うことができないことにもなりかねません。

最近の傾向はチラシやフリーペーパーで気になった店舗があれば必ず「検索」を行います。
お客様はインターネットを使って少しでも多く情報を集めようとする傾向がどんどん強まってきています。

その理由は「失敗したくない」という考え方です。
収入が減ったことで、初めての買い物での失敗をなくしたいと思うあまり、人々はより多く情報を得ようとするようになりました。その情報戦の末、選ばれた商品やサービスが生き残っていくのが今の世の中です。

なのでいいサービスや素晴らしい商品でも、この情報戦で負けてしまってはお客様に使ってもらうことはない、というのが現実です。提供するサービスがセラピーであれなんであれ、ホームページに関する情報や戦い方を学んでいくことも個人で働く人々には必須項目と言えるでしょう。

有効な販促であるホームページですが、顧客を獲得するためのホームページを作らなければいけないという点でハードルは高いと言えます。

ネット広告

sales-promotion10 ホームページと併せて活用したいのがネット広告です。

ネット広告にはたくさんの種類があってバナー広告、リスティング広告、リターゲティング広告など思いつくだけでも全て横文字で理解するのに時間も勉強も必要です。

本来個人でもネット広告は出せるのですが、ネット広告があまりにも発展している世の中で効果的なネット広告を行うには専門知識とセンスが必要とされます。なので専門の広告代理店に頼んでネット広告を打つことをお勧めします。

ネット広告はホームページと相性がいいです。
本来ネット広告はサービスのメリットや特徴などを載せたホームページを効果的に伝えるために発展してきました。
ですから、ネット広告はホームページありきの販促といえます。

GoogleやYahooなどの検索結果の上位に表示されるページのさらに上に表示されるネット広告ですから、必ずお客様の目に触れると言えます。

その分値段も高騰することがあるので、一長一短な販促と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

セラピストの皆様だけでなく個人でビジネスをされている方に取っても販促は必須項目ですから参考にしていただけたのではないでしょうか。もちろんビジネス系の参考文献を開けば、販売促進についてとても詳しく説明を見つけることができます。

しかし、セラピストの方に取っての最も重要なお仕事は「お客様の状態を良くすること」であり、販促は二の次かもしれません。それでも販促を学ぶことで、今までよりも多くのお客様にサービスを提供することができるのもまた事実です。今後、セラピストの教科書では、一つ一つの販促について、さらに詳しく記事をアップしていこうと計画しています。

もっとセラピストのみなさまにとって活用したいと思うようなアイデアや情報をアップしていく予定です。ご期待ください。

コメント、いいね!も喜びますので、ポチッとお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

Takeru Yamamoto
About Takeru Yamamoto 27 Articles
初めまして。SharePistの山本です。SharePistを「一人でも多くの現代人に理想のセラピー」を発見するツールとして使っていただくために日夜邁進しております。タイへの旅行をきっかけに、日本の現代人はもっと多くのマッサージやセラピーを受けるべきだ!と思ったところから当サイトはスタートいたしました。普段はセラピストの方のサポートや、記事の投稿を担当しております。今後、さらに多くの現代人が理想のセラピーを探せるお手伝いができるよう努力いたします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*